<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鏡城より見た 遠望の鶴賀城


先日の寒い雨上がりの日に鶴賀城の対岸にある鏡城に登る事ができました
鏡城は鶴賀城攻防戦である戸次川の合戦で大友、四国連合軍が軍議を開いた場所です
a0161876_8342872.jpg

[PR]

by 2553tama | 2012-03-25 08:34 | 豊後 鶴賀城

二の丸にある由来書をかきました


鶴賀城は別名「利光城」とも言われ、険しい連山の頂に築かれた山城である。
以前は豊後の豪族、緒方一族が治めていた。 建久七年「一一九六)大友初代、
能直が豊前・豊後の守護職として府内に入り、地元の旧豪族を一掃した。
能直の孫大友親家に「利光」と名乗らせ、以来三百九十年間代々府内南の要衝
として治めた。天正十四年(一五八六)大友、島津の確執はやがて「豊薩の陣」
へと進んだ。十一月には家久率いる薩摩軍二万の精鋭が伊集院美作を先陣に、
二陣、三陣と攻め寄せた。援軍の大友、四国連合軍は、「戸次川の合戦」で
大敗を喫する。斜陽の大友家に節義を貫く城将、利光越前守宗魚率いる三千余
の豊後勢は善戦数十日に及ぶが、軍勢の差は大きく、水・食料を断たれ、矢弾
つきはて、悲運な最期を遂げる。翌十五年、豊臣秀吉軍が九州平定に出陣し、
薩将島津家久を攻め豊薩の天王山とも言われる鶴賀城攻防戦は終わった。
この山ろくに末院六ヶ寺を持つ成大寺があった。今は廃寺に成っているが、
境内に城将の霊を祭った基碑がある。

[PR]

by 2553tama | 2012-03-20 12:01 | 豊後 鶴賀城